< GOLDENWEEK SPESHAL その2! >

まずはお詫びです。これより以前の記事で、トンボの話をした時に、そのトンボの和名を

アオスジギンヤンマ とお伝えしましたが、正しくは、クロスジギンヤンマです。

間違えました。訂正して、お詫びを致します。

さて、お待たせしました。やってきました、その2!です。

ここではもちろん鳥の話。その1でお話ししたように、私の連休は近隣の生き物探し

だったわけですが、この連休が終わったその週の土曜日でした。

なんと、私も初めて姿を見る事が出来た、鳥類のレッドリストにも載るような南国の鳥、

「サンコウチョウ」の素晴らしい姿をご紹介しましょう。きっと、このページをご覧になっている方々は

見たことが無いと思います。どなたか鳥に詳しい方や、鳥が好きな方(よく野鳥を追いかけている方)をご存知でしたら、

聞いてみて下さい。羨ましがられるはずです。(貴重だから発見場所は内緒です。)

そんな理由(わけ)でこの種の貴重さはご理解いただけると思いますが、漢字で書くと「三光鳥」と書き、月・日・星の三つの光

を表すような鳴き方「ツキ、ヒ、ホシ、ホイホイホイ」と聞きなしたのでこの名が付いたようです。

尾羽の長さが30~40㎝あり、背中から尾羽の色が濃い紫褐色。おまけに、ここが

南国の鳥を象徴するような特徴で、目の周りとくちばしが素晴らしコバルトブルー色なのです。

すごーい!さあ、どんな鳥か想像してみてください。そしてこの鳥は手塚 治虫のマンガ、「火の鳥」に出てくる

火の鳥のように、尾羽を空中になびかせて優雅に飛ぶのです。飛びながら虫を捕まえて食べます。へへへへへ。

夏にインドシナ半島から日本に繁殖にやってきます。鳥の世界では「夏鳥」と言われます。

日本でも繁殖地がどんどん減って、数が激減しています。益々貴重な鳥ですよ。

ずいぶん引っ張りましたが、この鳥です。どうぞ!

飛びました。

尾羽、長いでしょう。

現在私のラップトップの壁紙です。実は昨年幼稚園の山にも着たのですが、

鳴き声を一瞬聞いただけでいなくなってしまいました。

ちなみにオスもメスも両方鳴きます。尾羽が長いのはオスだけです。

Filed under: 未分類,鳥・トリ・とり — itsuko 16:53

<雨遠足、その後>

年長さんの遠足は予報通り雨でした。

年長さんにはお手紙も出しましたが、この日は雨天でも「多摩動物園」に出かけたのでした。

本来は「サンリオピューロランド」のはずでした。

これにはいろいろな思いがあっての事でしたが、保護者の方には

ご心配をおかけしましたし、今後の遠足の方針にも不安を持たれる結果と

なってしまいました。反省しきりです。が、雨の中でも多くの動物に出会え、

何より事故なくみんな無事で帰ってきましたので良かったです。

そしてここでお伝えしたいのが、子供たちの描いた遠足の絵です。

動物たちはもちろん、みんなが、そして自分が着ていたレインコートが

とてもカラフルに上手に描けているのです。遊び帽子の上にちゃんとコートの

フードが重ねてあったりして。少し寒くて濡れちゃって、イヤだった子も

いたようですが、雨の中レインコートを着て動物を見て回った事は、とても印象深く

思い出になったのでしょう。こんな絵が描けるのは、一生に一度かもしれませんね!

Filed under: 未分類 — itsuko 15:49

<給食懇親会、好評です!>

皆様、いつもここまでお越しいただき、ありがとうございます。

少し時間が空きましたが、今回はいろいろな情報ほ載せましょう。

まずは、普段あまりお話ししたことが無い方から、このページを見て下さっている

事を伺い、うれしいやら、恥ずかしいやらで、益々丁寧にコメントを載せなきゃな!!!

と、気持ちを引き締めております。私、結構いい加減な所がありますので注意しなければ。

さて今年度の給食懇親会は動物のお皿に給食を盛り付けてもらうビュッフェスタイル。

いいでしょう?いい思い付きでしょう!と自分では思っていますが、狙い通りおおむね好評です。写真は1回目のクラスでの様子。

調理者自身が参加することで、給食が身近に感じること、間違いなしです。

予想通り、いつもよりたくさん食べられて、お母さんたちも大満足の様子でした。

「持ち帰りたい!」なんてすごい事を言い出す方もいて、さすがにそれはダメですよ。

バイキングスタイルに、マイタッパを持って入るのと一緒でしょう。これはどこでも禁止です。

年少さんには量が多すぎて、残しちゃうかな。そこはこの雰囲気がカバーしてくれるかもしれません。

で、この方々がいつも調理してくださっている方。奥の男性(背の高い方)が、私の企画に賛同してくださり、

今回このような形が実現しました。

Filed under: 幼稚園活動,未分類 — itsuko 15:11

< とりあえず・・・ >

ちょっとうっかりしていましたが、今週は「愛鳥週間」です。

いわゆる Bird Week のこと。

アメリカで始まったこの習慣は、高校の先生が広く一般にアピールしたことから

始まったようですが、「飼育鳥ではなく、自然に生息する鳥にも目を向け、親しみましょう」 とした

画期的なアピールです。ちなみに『野鳥』と言う言葉ははじめからあったものではありません。

この言葉は中西 悟堂という日本野鳥の会の創設者が、同じような意味を込めて(もっともっと

自然にいる鳥たちに思いを込めて)作った造語です。

とりあえず、お知らせしておきます。

今週くらいはスズメでもカラスでも、ちょっと気にかけて見てやってください。

Filed under: 未分類,鳥・トリ・とり — itsuko 13:02

< おまけ2 >

実は本日5月6日は私 笠原 逸子は 『誕生日』 なんですが、朝からとても悲しい出来事がありました。

別段何もなくても、誕生日だからといって、もううれしいなんて気持ちはだいぶ前からありませんが、

朝パソコンを開いたら、「訃報」のお知らせが届いていました。

開けてみると、そこには大変お世話になっている先生が3日に亡くなり、すでに密葬にて

葬儀を済ませた旨のお知らせでした。

涙が止まらず、胸が詰まり、少しの間職員室を退席しました。

その方は、元平塚博物館の館長さんで、日本野鳥の会神奈川の顧問でした。

多くの図書を出され、現在も多くの自然・生物・環境などに関する出版物に、寄稿されている、

私を鳥の世界に導いて下さった、それはそれは素敵な先生です。(でした。)

現在も進行中だった編集作業を一緒にさせていただいて、2か月に一度はお目にかかれるのを

楽しみにしていたのですが、4月の初めに体調が悪いとお聞きして、お手紙を出そうと思っていた矢先の今日でした。

人の一生には終わりがある事は十分に承知していますが、こうも突然に、まして慕っている先生の訃報を、自身の

誕生日に知らされるとは、人生って無情です。

学園の決算を済ませないといけないこの時期に、とても仕事が手に付きません。

悲しくて・・・・。

Filed under: 未分類 — itsuko 14:23

< おまけ > 

5月連休明けの幼稚園。思ったよりスムーズに登園出来ました。

泣いてしまった子もいましたが、1か月の記憶はやはり大きいです。良かったね。

連休中もみなさん元気に過ごしたようで、こちらも大変ホットしました。

いろいろな事故や、事件がありますからね。昨日は長津田で火事があったようですし、

火の用心は一年中です。気を付けましょう。

さてお池のヤゴの脱殻ですが、本日数えてみたら11匹です。

私が初めて確認したのは4日の朝。この時は5匹でしたが、2日間で6匹も

増えたことになります。すごいですね。今朝は成虫が飛んできて、また水面をお尻で

ピンピンつついていました。産卵の練習かな?

このお池を見た子供たちの反応が、今ひとつ。

トンボはこの変な脱殻から出てくる想像が、まったく出来ないらしく、

ヤゴ⇒トンボ は結びつかないようでした。

生態系のいろいろを伝えるのは難しいですね。と、あらためて思っています。

水槽に移してきて、目の前で脱皮の様子を見せるべきなのか、実際に生息する環境がすぐ目の前にあるのだから、

自然の姿で学ぶべきなのか、悩むところです。

もっとあちこちに普通にこのような環境があり、大人がそこに親しみを持ってかかわっていれば、

身近な生き物の生態がもっと自然に学べるのに・・・・。

まあ少しずつ取り組みましょう。

Filed under: お山の様子(生き物と植物),未分類 — itsuko 12:20

< GOLDEN WEEK SPECHAL その1 >

皆様、こんにちは。 とてもすがすがしいこの連休を、どのようにお過ごしでしたか?

私は鳥見(身近な生き物)、撮影にふけっていました。「その1」です。が、「その2」があるかは未定です。

場所は自宅近くの林と、幼稚園の山、トホホホホホ。

行楽地へ行く予定もなく、お友達と町へお出かけも無く、一人野山を相手に

マイナーな5日間を過ごしています。でもお気楽でいいですかね!お天気も良いし。

素晴らしい鳥たちの声も聞けたし!まあまあいい事にしましょう。

そこで、大特集。この連休に撮った生き物たちのご紹介です。

いつものようにどうもピントが今ひとつ、のところはご勘弁ください。

機械には ちょっと疎くて使いこなせませんので・・・・。

まずは鳥の卵をこっそり激写しました。私も見たのは初めてです。

これはシジュウカラという鳥の卵。なんと9つもあってびっくりです。

中はふわふわの動物の毛や、鳥の羽毛を集めて作っています。外側は苔やシュロという植物の繊維。

こんな所にも動物のすごさを感じますね。

続いては、夏にインドネシア半島から日本へ繁殖のために渡ってくる鳥。実に美しい、素晴らしい鳥と

出会うことができました。「キビタキ」と言います。黒とオレンジが緑の中で本当にきれいなのです。

鳴き声をお届けできないのが残念。声も鳥界を代表するくらいの美声です。

なんたって英名が「Narcissus Flycatcher]というくらいですから。ようはナルシストなのね!

どうぞ!!!(ピントずれ、これまた残念@=@) 

続いて、虫編。こちらはまずお山のお池で4年目の夏にしてようやく見つけた、ヤゴの脱皮。

それも5匹も!!!!うれしい~~~~~~。これをみんなに見せたくてお池を作ったのですから。

幼稚園が始まったら、まずはみんなに見てもらいましょう。「なんだ、こりゃ!」って言うかな?

これはおそらく、クロスジギンヤンマの羽化後の抜け殻です。

ここで孵った、という事は、今年の夏も産卵にやってきてくれるでしょう。周りにイネ科の植物が繁茂すると、

アカネ科やイトトンボ科もやってくるかもね。

次は地味だけどとってもかわいいヤツのご紹介。

エサキモンキツノカメムシです。

この虫はなんと、いつも背中にハートマーク?をしょっています。カメムシ界の貴公子とでもいいましょうか!

いいでしょう、ほらね。

最後は植物もご紹介しましょう。

虫が集まるには、匂いを出し、甘い花を咲かせる、植物が無いといけません。

毎年お山の一番上で、うす紫色のロート状の花を咲かせる『桐』です。

独特の香りは好き嫌いありです。私はうーーーん、微妙。そして昨年お池に移植した『ナナカマド』バラ科です。

こちらは白い小さな花が中央に集まって咲きます。でも虫たちにはとても大切な日本の植物。

七度かまどに入れても燃え残ることからこの名がついたそうです。

へえーーーーーー、小さな甲虫が来ていました。

桐、 見にくいですね。ごめんなさい。

ナナカマド

もう疲れちゃったので今回はこの辺で終わり。「その2」?をお楽しみに。

Filed under: 未分類 — itsuko 10:23

< えっ、あれっ、あらら! >

今週は個人面談をしていますが、年少さんの保護者の方からご質問を受けました。

「どうして1階の子どものトイレのペーパーホルダーは後ろ(背面)に付いているのですか?

体をひねっては大人だって取りにくいです。横に付けられないのですか?」

本当ですね。どうした事でしょう。20年もこの状態でした。

一つには、お尻を拭けない子が多く、介助する先生が正面から入って、すぐ紙を取りやすいように

わざと後ろに付けた。

もうひとつ考えられるのは、当時(20年前)は洋便器の子どの仕様のスタイルが珍しく、

取り付け業者も、前と後ろを間違えて認識した関係で、気がつけば後ろに付けていた。

で、いままでどこからもこの疑問が上がらなかった。

と言う結果だと思います。

なかなか紙が取れなくて、かわいそうな事をしました。いまさらですが、過去20年分の1階トイレを使っていた

幼稚園のお友達、ごめんなさい。

早速便器の交換と共に、ホルダーの取付位置も直す方向で進めます。

毎日使う、こんな重要なところに気がつかず、本当にごめんなさい。

Filed under: 未分類 — itsuko 19:02

< アオゲラ と言います。 >

少し前にお山の桐の木に穴を開けている鳥の話をしました。

これがその鳥、「アオゲラ」と言います。

日本の固有種で、北海道以外の日本の各地にいます。

体長は30㎝にもなる大型のキツツキです。

毎年幼稚園のお山に来ていましたが、先日心配な事がありました。

オスなんですが、右足を骨折したのか、木の幹にうまくつかまれず、お腹の羽も

モコモコに乱れていました。

最近は姿を見せませんし、メスも現れなくなりました。

鳥たちは、毎日が「死」との戦いです。野生動物はすべてそうですが、

寿命もありますけど、怪我をしていたので心配です。

Filed under: 未分類,鳥・トリ・とり — itsuko 16:17

< ちょっと、ホットです。 > 

こんにちは 皆様お元気ですか?

ブログ形式にしても、なんら更新状態は変わっていない、「ひとりごと」です。

懇談会が終わって、ほっとしています。一応年度初めのお話ができて、多くの方に全体会も出席していただき、

とりあえずは初めての入園の方にも、活動の様子や仕組みをお話し、周知出来たと思っています。

もちろん細かいところでは伝わらないこともまだまだあると思いますが、説明責任の一端は出来たかな、

と思います。どんなことでも構いませんので、何か幼稚園の仕組みや活動内容で解らない所がありましたら、

どんどんご連絡ください。子どもたちの日常の様子で、心配事がある時もまずは担任に、

担任からも相談が回ってくるので、私の考え方を伝えたり、解決の方法を一緒に考えます。

行き詰った時は、お山に行って深呼吸がいいですよ!新緑の今は高濃度酸素がびっしりですから

(フィトンチッドが全身に回ります)、頭がすっきりするのです。

そんなこともあって、今日は朝から竹の子掘り。外遊びが始まって子どもたちも加わり

大騒ぎでした。その様子をお伝えします。

全員分無いので、みんなに持ち返すことはできませんが、まっくろな泥にまみれ、手で竹の子に触れ、

重さを感じ、こんな体験もなかなかできませんよ。現に今日初めて竹の子を掘ったと言うK先生は

おおはしゃぎをしてました。汗びっしょりで、お化粧が半分落ちちゃって、

子どもの頃も触れたことが無かったそうです。ダメだ、これじゃ。

先生たちにはもっと、もっと、修行が必要ですね!

Filed under: お山の様子(生き物と植物),未分類 — itsuko 16:01
Page 181 of 186« First...102030179180181182183...Last »