< 不思議なめぐり合わせ >

私は野鳥を通して自然環境を保護している公益財団法人に所属しています。

その団体の連携組織としてある神奈川支部で活動しています。

土日や祝日は探鳥会の下見や実施でそこそこ忙しくしているのですが、

この度支部へ大口の遺贈金をいただき、その記念事業として野鳥の絵画を学校へ送ることにしました。

プロの絵本作家さんに作成を依頼し、神奈川県内の15校の高校から幼稚園までが決まりました。

その中の1校に先日贈呈する手配をしたところ、なんと実際に絵画を渡し、絵の説明をしてくれる方が、

ながつた幼稚園の園舎を設計した建築事務所の設計士さんだったのです。

なんとも驚き、戸惑い、何から話せばよいか、言葉がすぐに見つかりませんでした。

父が10年かけて温めた構想を、実際に図面にし興してくれた方だったのです。

なんということでしょう・・・・・・・・・!

私は胸が熱くなりました。父は幼稚園を創立する前は中学校の理科の教師で、自然環境のあれこれも学んでいました。

そして私は今、その環境を保護する日本で一番大きな環境保護団体に入っています。

その方は言います。

「森先生には大変お世話になりました。旧の園舎の階段を、園長室へ登って行かれる姿を思い出します。

当時としてはとても壮大な園舎の建築に、ワクワクしたものです。室内プールもありましたね・・・」

私は言いました。

「お陰様で、今となっては必須設備となっている全室冷暖房完備は大変有難く機能していますし、

地震大国の中、幼稚園の園舎としては先駆けになる鉄筋コンクリート造です。

本当に父の先を見据えた構想が、今の幼稚園の土台となっています。」

竣工当時の冊子の中に、その方と父が建設中の建物の一角で、ヘルメットをかぶりにこやかにほほ笑む姿が載っているのです。

野鳥を愛し、自然環境を残したい思いでこの団体に携わっている私が、今父の跡を継いで園長をしている。

このタイミングでこのような方と思いを一つにし、同じ活動に携わることになるとは、

天国でながつた幼稚園の行く末を見守っている父も、想像だにしない出来事だったでしょう。

人との縁、めぐり合わせはなんと不思議なんでしょう。

同じ思いって、どこかで、何かで繋がるってことでしょうか・・・・・。

来年は創立50年を迎えます。

亡き父からも、幼稚園建設にお力を貸してくださった方々からも、まだまだ支援をいただいて、

これから先100年まで繋げていかなければなりません。

私はその一時を、全霊で推し進める必要を改めて感じた出来事でした。

写真1枚目は神奈川支部の野鳥画寄贈活動。そこでのS氏。

写真2枚目、左から当時の現場監督、父、今回の設計士Sさん。

写真3枚目は現園舎の 建設中の現場写真と上棟式。

 

< お彼岸です >

幼稚園の池周辺ではススキの穂が出てきて、いかにも秋らしくなってきました。

お彼岸ですからヒガンバナも咲いています。

そして赤とんぼも出てきました。

暑いうちはお山に潜んでいるイトトンボも池周辺に出てきました。

お彼岸の入りともなると秋の雰囲気が濃くなって来ます。

蝶や蛾の幼虫も最終齢の大きさになり、蛹への準備をしています。

秋になるとこんな四つ足動物も出没します。

今度正体を暴くべく、センサーカメラを取り付けようと思います。

秋はみんなうろうろするのね・・・・。

 

< 運動会楽しみだね >

連休も終わり、幼稚園では運動会リハーサルに向け学年ごとの練習が進んでいます。

台風一過と言ってもまだ日差しが暑く、熱中症も心配ですので休み休みやっていますが、

他の学年が練習している姿を見て、運動会のイメージが子どもなりに湧いてくるでしょう。

年中、年長さんは一度経験しているので、当日の賑わいや興奮をパワーに変えてくれるでしょうか?

時々練習が嫌になってしまう子もいます。

そんな時は先生の一工夫で気分を変えて取り組みます。

皆でする連帯感を感じられるように、走って気分がいい高揚感を体験できるように、

先生は毎日の表情豊かに、気分を高めて子どもたちと接しましょう。

これから運動会に向けてたくさんのお手紙が出ます。

広報誌も運動会特集です。

どうぞよくお読みいただき、当日は親子で秋の1日を楽しんでください。

Filed under: 幼稚園活動,社会情勢 — itsuko 17:33

< ミサイル飛ぶけど、秋ですよ。 >

早朝から緊急警戒速報でワーワーと驚かされ、何度、そしていつまでこの緊張は続くのか、全く嫌になりますが、

季節は秋へ動いています。生きものもその様相が変わって来ました。

穏やかな日々が続くことを願います。

2枚目のキノコの大きさは私のiPhon の1.5倍くらいでしょうか・・・!

モミジの根元から出てきました。根が腐食しているとちょっと厄介です・・・。

トンボはヒメアカネの♀かな?

とりあえず台風が近づいていますが、ミサイルがバンバン飛んできますが、お山は秋めいて来ました。

 

 

< 女三人、いろいろあるよね・・・ >

先日、ひょんなこところで意気投合した3人。

今度一緒に飲みましょうとなって、二子多摩川で宴を設けました。

関西の女性はまあよくしゃべるのは承知していますが(義母が大阪堺の人なので)、こちらの3人も負けずにしゃべりっぱなし・・・。

お料理がどんどん出て来てしまって、あらあらあら・・・。

私が一番年上なので聞き役になりましたが、

一人は保育科の大学の先生で論文に奔走中の30代、一人は社内のメンタルトレーニングやカウンセリングをする専門職の40代。

三人揃ってバツイチの子どもなしで酒飲み。あーあ、負け組ね・・・トホホ。

結婚の失敗談や再婚願望、キャリアの伸ばし方や男性社会への不満と要望。

家庭環境によって子どもはどのような育ち方をするか、昨今の学生の社会へ対する自覚の希薄さ。

幼稚園教諭の動向や先生方のメンタル研修についてもお聞きしました。

話は多岐に渡りあっという間に午後10時を回っていました。

次回は大学先生のボーイフレンドがサックス奏者ということで、ライブハウスでジャズを聴きながら喋りまくることになりました。

それぞれの違った環境でバリバリ働く女性たち。

きっと何かを犠牲にしている人も多いと思いますが、自分の人生を切り開き、

男性に助けてもらいながらも自立していくことを目指します。

子育ては大いなる冒険と希望です。自分の分身の存在はそれはそれは魅力的です。

しかしその醍醐味を味わえない私たちは、せめて自分の挑戦に人生の意味を見出しましょう。

Filed under: 未分類,社会情勢 — itsuko 15:25

< 電話復旧 >

落雷により、電話回線基盤ショートを引き起こした原因で電話が繋がりませんでしたが、

全面的に復旧しました。ご心配、ご迷惑お掛けしました。

天災による基盤交換は有料だそうです。トホホ・・・・。

思いがけぬ出費ですが、天災も含め何が起こるかわからない昨今、あらゆる想定をしておかないといけないようです。

ミサイルには歯が立ちませんが、落雷防止の電気コード(タップ)に交換することはすぐ出来そうです。

巨大台風にも対策が必要でしょう。地震はもちろんいつやってくるかわかりません。

先日は太陽フレアの宇宙線にも警戒が必要でした。

核ミサイルも最低ですが、電磁パルス発射という強力な手段もあるようで、もしこれが発生すると電話が通じないどころではない、ということだそうで、

宇宙規模で世界の回線がほとんど全て不能になるようです。

地球規模の通信網がストップする⇒パソコンが止まる⇒電話・メールが止まる⇒公共交通網が止まる⇒銀行システムが不通⇒ああそれより、時間が止まる?

とにかく毎日の生活には危険が一杯ありそうです。

Filed under: 世界,宇宙,未分類,社会情勢 — itsuko 16:03

< 電話不通 >

現在ながつた幼稚園は緑区内のサーバーに落雷を受けた原因で電話回線の集約器がショートし、

幼稚園及び長津田プロジェクトの回線が不通になっています。

配線業者さんに手配していますが、復旧は午後3時以降の予定です。

緊急連絡、あるいは御用の方は、幼稚園の預かり保育携帯電話へご連絡ください。

地震・雷・火事・おやじ の雷にやられてしまいました。

電気系統は正常に戻っていますので建物等への他の被害はありません。

Filed under: 宇宙,未分類,社会情勢 — itsuko 12:42

<びっくり仰天 お客様 >

先週のことです。

突然クラスに飛び込んできた大きなトンボ!

れんげさんは大騒ぎ!捕まえたいけど大きくて失敗。

カーテンに止まったころを先生がそっとキャッチ。

見てごらん、この大きな目。正式には複眼。小さな目がたくさん集まって出来ている、スーパー眼球。

これで飛びながら小さな虫を捕まえてムシャムシャ食べる。

写真撮っていたら私は指をガブリと咬まれました。

口もなかなか強力でした。

凄いでしょう。オニヤンマ!日本で見られるトンボの中で最大の大きさです。

幼稚園の池では産卵しませんが、よく虫を捕まえにやって来ます。

れんげさんには写真も張ってあります。今度みんなで絵を描くらしいです。

びっくり仰天な虫でした。

トンボを捕まえたら必ず羽を揃えて持ち、足に指を添えましょう。体を落ち着かせることが必要です。

捕まった虫たちもそれはそれは仰天な思いをしています。

そっと扱って、そして放してあげましょう。自分たちの生き易いところで寿命を全う背せてあげてください。

< 何でもルーム >

2階の奥にある部屋はお絵描きをする部屋として利用しています。

その他にもコマ回しをしたり、父母の会さんが使ったり、先生方が打ち合わせや研修、広報誌のとじ込みに使ったりと、

何でもかんでもこなす、お山の眺めがいい部屋です。

用途が多様なので、「何でもルーム」と名付けました。

今日はお絵描きに使っていたので見に行きましたら、

画用紙をオレンジ色に塗っている女の子がいました。

「何描いてるの?」と尋ねると、

「太陽。爆発してるから!」

とあっさり言います。まあ太陽は今日に限らずいつでも爆発していますが^^;

きっと太陽フレアの大爆発の話題をニュースで知ったのでしょう。

「えーーー、大変。爆発なんて大丈夫かな?」と私が聞いたら、

「どこかへ隠れればいいんじゃない」と女の子。

「どこかってどこへ?」

「電車でいけばいいよ」ということです。

太陽フレアが爆発したら、電車に乗ってどこかへ隠れましょう。

何でもルームに隠れてもいいかもね?何でもいいんだから・・・・^^;

Filed under: 宇宙,幼稚園活動,未分類 — itsuko 11:24

< 二人の世界 >

「彼は太陽のような存在、彼女は月の様に見守ってくれる。」

小室さんと眞子さまです。

なんてお似合いのお二人でしょう。お互いをよく理解し、尊敬しあっていることが良くわかりました。

羨ましい限りです。

記者会見はそれなりの言葉使いで、決められた応対をする必要はあったと思いますが、

仲良しなことはよくわかりました。

初々しくてバターの様にこちらも解けそうでした。途中で消してしまいましたが・・・・@@;

不安と混沌と暴力ばかりの世界情勢の中、おめでたい話です。

幼稚園の先生方もあやかって欲しいですね^^;

柴田先生の次は誰かな???待っているのですが・・・。

 

Filed under: 世界,未分類,社会情勢 — itsuko 17:20
Page 10 of 178« First...89101112203040...Last »