< 来年度、幼稚園入園を考えている皆様へ >

さて、新型コロナウィルスの感染が再び活発になって来ました。

首都圏では人の移動が通常の活動量に戻っているようです。

再び厳重な予防策と、感染防止策が求められる時ですが、

ながつた幼稚園も眠っている訳には行きませんから、未就園児さんの見学会を来週から始めます。

本日から幼稚園紹介の動画を配信いたします。

そちらもご覧いただいて、来週以降見学会にいらしてください。

明日はプレ幼稚園と称して子どもたちの遊び会もスタートさせます。

小さのお子さんを連れての参加に不安を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、

幼稚園内は毎日、子どもたちの生活場所をアルコール消毒していますし、

用務員さんが二人もいて、日夜お掃除をしています。

衛生管理は徹底していますので、どうぞ安心していらしてください。

ながつた幼稚園では納付金をいただいてのプレ幼稚園は行っていません。

単発に複数回、無料で幼稚園を体験していただく活動を開いています。

近隣の幼稚園ではプレ幼稚園というと、入園を前提とした保育活動を定期で行っていますが、

単に新入園児の先取りクラスとなっている園も多くあります。

しかし実際上手にクラス活動に馴染めないと、正式な入園を断られる方も何人もいます。

ながつた幼稚園は学校教育法に定められている幼稚園の課程、年少から年長の3年間を子どもの育つ大切な基盤として重視しています。

その信念が硬いので、2歳児さんを早くからお預かりし、決まった活動をするプレ幼稚園は行っていません。

在園児さんに持てる力の全てを提供しています。

乳児期はご両親が惜しみなく愛情を与え、社会(幼稚園)へ出る準備を整えていただく時期です。

早くから親元を離す事が決して良い事ではなく、家庭での身辺自立も含め、十分に親子の絆を作っていただき、

徐々に同年代の子と触れ合い、幼稚園という楽しい環境があることを知らせることが大切だと考えています。

保護者の皆様はどしても早くから何かを身に着けさせようと思うかもしれませんが、

言葉にしろ、技能にしろ、子ども自身が興味を持って、夢中になることから自然に身に付くものです。

特に外国語は必要であればどの年代でも学び、習得することが出来る道具です。

早くから言語を覚えたり、決められた通りに物事を進められれば良いわけではありません。

多くの子と係わり、多様な環境で子ども自身が体験することから生まれる興味や意欲の芽を育てるのです。

何かを教えるのではなく、一緒に楽しむ場が幼稚園です。

男性、女性と個性豊かな先生方が揃っているながつた幼稚園で、思う存分体を動かし、お山を駆け回り、時にはカマキリに手を噛まれる体験を積みながら、

人が抱く感情を育ててください。

「遊ぶ・感じる・考える」3年間にしたいのです。

幼稚園が達成したいハード面の目標と、ソフト面の目標を併せ持ったながつた幼稚園です。

52年の歴史を背負って、このコロナ禍でも伸びやかに幼児教育を進めています。

子どもの未来に何を期待しますか。

地球温暖化で増々気象現象が激しく、危険になる地球環境で、生き抜く精神力を身に付け、どうやって立ち向かい、自立した生活を送る人となるかです。

《太陽に負けない肌を持ち、潮風に溶け合う髪を持ち、どこまでも泳げる力と、いつまでも歌える心、こんなしなやかな人間になって欲しいのです。

風上へ向かえる足を持ち、貝殻と話せる耳を持ち、暗闇を遮る瞼と、星屑を数える瞳と、涙をぬぐえるしなやかな指》を持って欲しいと、

井上陽水が「海に来なさい」で歌詞に綴るような大人に成って欲しいのです。

小さい時に体験した、心と体を育てる時間がいかに多かったかで、人となりは決まるのです。

今、目の前の文字や数が分かる事より、まずは3歳までに食事、排せつ、着替えなどの日常の人としての成り立ちを身に付けさせることです。

その時間を十分に取っていただくのが乳児期です。家庭ですべき役割です。

あっという間に過ぎていく2年、3年間です。とことん子育てに没頭し、家庭を離れて活動できる安心感を芽生えさせておいてください。

その後に、自己実現できる心と体を、ながつた幼稚園で育てて行きたいと思います。

まずは見学会へいらしていただき、在園する子どもたちの伸びやかな様子を見てください。

お待ちしております。

Filed under: 世界,宇宙,幼稚園活動,未分類 — itsuko 11:25

< 願い事 >

「地球ってどうやって回ってるの?わからないんだけど・・・」

「そうだよね。回ってるけど、回ってるってわからないね」

「でも地球はぐるぐる回って、太陽の周りを回っているらしいよ」

「えーホント???でも見えないね???」

「そうだね、みんなは地球の中にいるからね・・・。外に出れば見えるかもね」

「でも。朝が来て、夜が来るよ。きっと地球が朝の場所と夜の場所をぐるぐるしてるからじゃない?」

「ふーん・・・」

「じゃあこうやって、地球をビューンと飛び出せば、どうして地球は回っているか分かるんじゃないの」(小学館の【地球】という図鑑をみる)

「私、宇宙飛行士になる!」

「まあ、それは素晴らしい!うん、うん、是非頑張って、ビューンと宇宙に行ってみて。

先生それまで、頑張って長生きするから。ながつた幼稚園のお友達が宇宙飛行士なんて、素敵!」

「お星さまにお願いしないとね。」

「うん、そうだね!」

これは今日のお昼遊びに年長の女の子と交わした会話です。

願い事、届くといいのですが。これからたくさん勉強して、たくさん遊んで、いろいろな人とお話ししないとね。

宇宙に行く時は、先生も一緒に連れてってね。^^;

 

発熱するお友達が増えてきました。

天候が不順ですし、疲れが出る頃です。

栄養と睡眠を十分に取って、家庭ではゆっくりと過ごしてください。

少なからず子どもたちは、幼稚園で多くの事と戦っています。

先生のお話を聞く/友達とのやり取りをする/一人でトイレに行く/困った時は口で話す/エトセトラ・エトセトラ、

きっと頭と体はフル回転です。疲れます。

週末は十分に休養しましょう。

感染症(手足口病・プール熱など)は出ていません。

とびひのお友達がいます。接触感染しますので、患部を覆い、自分でも触らないように保護してしてください。

< タマムシマン3人組 >

タマムシ、ご存知ですね?

梅雨の時期に羽化する甲虫の仲間で、日本古来の書物にも出て来るタマムシ。

正創院の玉虫の図師として、教科書で習った、あのピカピカの虫です。

エノキやサクラの木を生態の拠り所にしているので、幼稚園のお山では毎年必ず羽化して、成虫を見ることが出来ます。

この方がタマムシ様。

綺麗な色は、構造色と言って、光が分散して人の目には映るから、カラフルな多くの色があるように見えるもの。

昆虫や野鳥にはこの構造色という見せ方をして、敵から身を守ったり、繁殖に利用したりしています。

それにしても素晴らしい色合いは、神様がコーディネートしたのでしょうか!

今日はこの虫を見た男の子が、「どこにいたの?」と聞いて来ました。

話しているうちに、「こんな色の虫になってみようと!」ということになり、夢中で作ったタマムシの翅。

 

早速身につけてみると、気分はタマムシ。

3人揃って、今日は虫の気持ちに浸ってみました。

こんな服をいつかは来てみてください。

もっとタマムシに近ずけるかもね?

時には変身して、人以外の生きものになってみよう!!!

頭の上にはちゃんと触覚が2本。

虫メガネで見た甲斐がありました。

< ツバメ愛復活 >

ツバメ、好きですか?

心配して待っていた玄関での子育てが始まりました。

ようやく戻って来てくれた1組のツバメ。

卵を産んだようで、毎日抱卵するようになりました。

ツバメは毎日1つずつの卵を5から7個産みます。

ですからおのずと孵化も時間差が出来、最後に残される末っ子が出来ます。

これから1カ月半、巣立ちまでに可愛いお顔が並ぶでしょう。

遅くに始まった繁殖行動。今年は何羽が育つでしょうか・・・?

夜はオスが、巣作りの土台にしてもらおうと取り付けた足場で休みます。

一番の天敵はカラス。次に巣を壊す人間。でも人の近くで、人の生活に見守られて子育てをする特異な野鳥です。

どうぞ見守ってください。

【おまけ】

子どもが見つけて来た小さな虫。

その名は、アカガネサルハムシ。こんな小さなハムシを見つけられるのも、子どもの持つ感性の賜物。

実はこの虫はブドウ類の害虫ですが、まあ見事なメタリック色にみんな目を丸くして見ていました。

こんなきれいな色な昆虫を見つけたら、大人でも嬉しいでしょう!

< ごはん出来たわよ~~~ >

朝、外遊びが始まる前、それぞれのクラスで遊び、9時になると外に出てきますが、

今日は年長さんのあるクラスからこんな声が聞こえてきました。

「ごはん出来たわよ~~~」

「早く食べてね・・・」

というお母さん役の女の子の声です。

まるでお家のお母さんが言っている言葉を、そのまま真似ているようで、微笑ましく、おかしく、子どもたちの遊ぶ姿が想像できました。

きっとコロナ感染防止による外出自粛期間には、家族がみんなお家にいるので、この言葉を何度となく聞いていたのでしょう。

皆に食事を促し、忙しく準備するお母さんの姿を模試しているようで、家庭の一コマを垣間見た気分になりました。

やはり食事を作るのはお母さんですかねーーー?

もうすぐ父の日もありますが、「お父さん、ありがとう」と共に、お父さんがみんなの食事を作り、

「ごはんが出来たぞ===」と呼んでみると、お父さんの株もぐんと上がるのではないでしょうか^^;

この際、男子も厨房にじっくり入ってください。

Filed under: 世界,幼稚園活動,未分類,社会情勢 — itsuko 17:01

< 怒涛の1日 >

先生方は頑張りました。本当に毎日よく動き、皆で協力しています。

初めての食事を職員総動員で終えました。

子どもたちも初めての経験です。

どうしてこのような状態で食事をするのかも聞いて、

子どもたちも受け入れてくれました。

初めての給食のわりには、年少さんはよく食べていました。

完食した子もいたようです。

昨年の4月の初めての給食では、先生は走り回っていたそうですが、

今年はそのようなことも無く、子どもたちも落ち着いていたようです。

6月も中旬になっています。ご家庭での食事の仕方の練習もあったのかもしれません。

これから毎日の食事に向けて、少しづつ改善しながら上手に流れるようにしていきます。

年長さんは机で食べられるように仕切り版も追加購入しています。

25組を作成するのに少し時間をいただきますが、それまでは何とかクラスで済ませられるようにしたいと思います。

動画を配信しました。こちらもご覧ください。

Filed under: 世界,幼稚園活動,社会情勢 — itsuko 18:37

< 水無月開始 >

6月初日からしとしと雨になっている関東地方。

多くの学校が分散登校を始めました。

一足早く幼稚園リズム復活を始めたながつた幼稚園では、

衣替えに伴って、新しい夏服が目を引きます。

年少さんがほとんどですが、色鮮やかな夏服が駆け回っています。

女の子のワンピースにはポケットがありません。

安全ピン等でハンカチだけ上手に付けてください。

今後改良できるか、制服屋さんと交渉中です。

そして丁度この学校が再開された時に、北九州では心配な感染が発生してしまいました。

しかし小学校での感染の元が小学生本人の行動による所とは考えにくいです。

ご家庭内の濃厚接触者としての陽性から来る症状でしょう。

ましてや幼稚園児が一人で市中を歩いたり、どこかで活動したり、飲食をすることは考えられません。

とすると、幼稚園や学校でこのルートを防ぐ手続きは、検温しかありません。

まずはご家庭でしっかりと子どもたちの健康状態を確認し、体温を測定して登校(登園)することが必須です。

今日からクラスの全員が登園を始めましたが、検温を忘れて登園したお友達がいました。

まずは一人一人が出来る防止策を徹底して守り、自分の体調を管理し、人への感染を防ぐ自覚が大切です。

多くの人数になった時は、頻繁な手洗いはもちろん、換気や活動によってはマスクの有無を選択することを繰り返しやって行きます。

生活スタイルを少し変えて行うことが肝要でしょう。

本日ながつた幼稚園では体調不良で休んだ子が3名ほどでした。

みんな元気で登園してきました。

不安ばかりが先行し、日常の生活に身動きが取れなくなってしまう精神状態を危惧する医師も多いです。

ウィルスに対する正しい知識と認識を持ち、幼稚園では必要な感染防止に努め、環境を整える。

こうしてウィルスと付き合っていくしかありません。

今月後半には県を超えての移動も緩和されるでしょう。

益々人と物の動きが増して来ますが、粛々とウィルスとの共生を正しく進めて行きましょう。

ウィルスは宿主がいないと生きていけません。

宿主にならないように、又は自分から宿主を増やさないように心掛けることが必要です。

 

Filed under: 世界,宇宙,幼稚園活動,未分類,社会情勢 — itsuko 17:58

< みんな元気ですか >

5月の分散登園が無事に終わりました。

いろいろと心配事項もありましたが、教職員一丸となって衛生管理に取り組みながら、

幼稚園を楽しみにしていた子どもたちの気持ちを受け止めました。

毎回お迎えにご協力いただき、ありがとうございました。

いよいよお友達全員が登園できますね。

休園届を出されていた方々も、1歩を踏み出してみてください。

正しい生活様式の上で活動を始めましょう。

きっと子どもたちも幼稚園で遊ぶのを楽しみにしている事でしょう。

6月の最初の登園日にお道具箱を持って来てください。

元気に登園してください。

Filed under: 幼稚園活動,未分類,社会情勢 — itsuko 16:18

< 4人に、116人 >

分散登園も軌道に乗って来ました。

欠席する子も少なくまずまずの出だしです。

消毒用のアルコールが飛ぶように無くなり、入手ひっ迫が続きますが、各業者さんを頼りに仕入れています。

次亜塩素酸も大活躍。薄め方を間違えないように注意です。家庭用も有効です。

年少さんが体操着で登園する姿に、どこか安堵感を覚えました。

通常の幼稚園活動が戻ってきた感があり、その小さくてかわいい姿に癒されています。

そして配信が続いている幼稚園動画。

1本でもご覧になっていますでしょうか???

先生方が子どもたちに向けて熱い思いを傾けました、動画配信。

各幼稚園でもやっているようですが、ながつた幼稚園はキャラクター等の人気者に頼らず、

とことんオリジナルで配信しています。

映像の出来不出来はありますが、著作権等、どちらからも指摘を受けない動画です。

その再生数は現在のところトップは最初にお送りした「りんごちゃん幼稚園を行く!」

やっぱり最初の動画が240回程再生されているようです。

そして淋しいのが、「お山の生きもの第2弾」これが、4回・・・・・・・^^;

「おたまじゃくしカウント大作戦」が116回。ムムム、これは健闘しているか?

そんな具合で、皆様お家で楽しんでいただいているようですね。

5月で動画配信は一応終了予定です。

6月からは未就園児さん用の動画を作る予定です。

また見てねーーー!

< 分散登園 >

感染症の混乱で思いもよらぬ年度初めとなった令和2年。

おまけに神奈川県は最後の最後まで感染者数が減らない県となってしまった。

「大丈夫・・・」という声も聴かれる中、しかし子どもたちの幼稚園での保育活動を受ける保障を何とか保ちたいと思った。

分散登園2日目。思わぬ成果も見えて、子どもたちは例年よりスムーズに幼稚園活動に馴染んで行くのかもしれない。

何しろ先生方がたくさんいる。うじゃうじゃ居る。

これがこの感染症渦の中いいのか悪いのかわからないが、どこかで泣き声が聞こえれば、一人そして二人の先生が駆けつける。

どこかへ走り出すお友達がいれば、すぐ後を追って一緒に寄り添う。

午後からの時間は生活リズムがいつもと違うため、少々戸惑うだろう。でもあちらこちらで子どもたちを盛り上げる。

2回目の登園に入り、少しずつ幼稚園を思い出しているような年長・年中さん。

やはり幼稚園には子どもたちの弾む声が必要だ。

そしてその子たちを見つめる、先生方の姿がよく似合っている。

彼女、彼らは子どもたちを前にすると実にいい顔をする。

私の話を聞く時とは大違いだ^^;

この職を選んだ理由が輝いている。この時ばかりはコロナ感染の不安はきっと消えていると思うが、

ふと立ち止まるとマスクを付けた顔で表情は全部見えず、あまり近くで接することもままならない今は、

本来の子どもとの信頼関係を作るのはまだまだ先になる。

今日は年少さんもホールで思いきりボール遊びをし、きり・きく組はグラウンドを走り回り、お山に登った。

本の一時だが子どもの子どもたる本能が体中を巡ったと思う。

お帰りにはよく手を洗い、消毒をしてからお水も飲んで、また次に来る日の話をしよう。

早く平穏な日々が戻ることを願って止まない。

 

Page 1 of 8312345102030...Last »