< もう待ちきれない!!! >

梅雨寒に、長雨、本来の梅雨のような天候ですが、もう待ちきれません。

今朝はお山でニイニイゼミが鳴きました。もう待っていられない声です。

一度昨年度同じ日、7月2日に鳴きましたが、それからずっと低温に長雨でした。

生物指標という季節を調べる生きものがいますが、ニイニイゼミの鳴きだしは毎年同じころに鳴くことで、

季節の変化を知らせ、仲間を探せる生態です。

過去7年間の記録では、以下のようになっています。

2018 7月2日

2017 6月29日

2016 6月30日

2015 7月11日

2014 7月11日

2013 7月11日

2012 7月14日

今年は遅いのか、平年並みなのか・・・。

ニイニイゼミも天候に左右され苦労しますね。時期を逃すと仲間と巡り合えませんし、

指標が崩れることは、自然界の危機を感じさせます。

朝から蝉の声で励まされ?ましたから、今日の夕涼み会は外で出来るでしょう。

いえ、やりましょう!蝉も応援してくれますから。

 

< July has come >

7月になりましてね。Julyって響きがいいですね。

でも毎日湿度が高くて困ります。洗濯物が乾かない日々をどのように過ごされていますか?

先週からコウモリの赤ちゃんが巣から落下して心を痛めています。

毎年1匹か2匹が、玄関真上の塒から落ちてしまうのです。

お母さんのお腹にしがみついたり、塒の壁にくっついていて欲しいのですが、生まれたては力が弱いんでしょうね・・・・。

落ちちゃうんですね。乳も飲めずにいるのでまずは命を落とすことになってしまいますが、

救護して県へ届け出て、認定を受けた人は育てられます。

コウモリは哺乳類ですから、野生動物をむやみに保護も出来ません。

私は一度育てたことがありますが、小さいうちはミールワームという蛾の仲間の幼虫の頭を取って、内臓を扱き出して与えるんです。

赤ちゃんはチーチー鳴いて、親を呼びますが、中々巡り合えずにいると救護するほかないですが・・・・。

コウモリについては年長さんのお泊まり会の時に詳しく話して、実際に飛んでいる哺乳類を見てもらいましょう。

いいよいよ夏休み向かって1学期を締めくくります。

健康に気を付けて蒸し暑い7月を快適に過ごしましょう。

報道でも心配されている「手・足・口病」のお友達が出ています。

登園許可証は必要ありませんが、感染するので症状が疑わしい時は必ず受診して、

医師の判断を仰いでください。今年もまた全国的に多くの感染が予想されています。

< 食べる 食べられる 生まれる >

どうやらお腹が膨れています。

小鳥を食べた確率が高いアオダイショウの親分。

そして池ではクモに捕まったアメンボウ。

こちらももうすぐお腹に入ってしまうでしょう。

そして小さな虫を捕まえた、ヒメアメンボウ。食う、喰われる世界では日々死闘が繰り返されています。

そして本日、トカゲのとかちゃんが3つの卵を産卵しているのを確認しました。写真がボケていてすみません。幼稚園で飼育したトカゲで産卵は初めてです。

素晴らしい!!生まれるところを中継したですね。

幼稚園へお越しの際は覗いてみてください。

生きものの命があふれる季節。動物たちも頑張っています。

ツバメの産卵第2段は4つの卵。今度は安全に巣立てるようにネットを掛けました。また見守ってください。

< カエルの話し >

長津田はまだ周辺に田んぼが残り、あちこちでは田植えが終わりました。

田に水が入ると一斉に鳴きだすのが、ニホンアマガエルです。

クワクワクワクワーーーー、と速いテンポで大きな声はよく響きますが、

何かの気配を感じるとピタッと鳴きやみます。

田圃の近くを夕暮れから夜間に通ることがあったら、是非車の窓を開けて聞いてみてください。

だんだんと忘れられてしまう生きものの声です。

四季の移り変わりは様々な現象で感じることが出来ますが、彼らの出す声はその大きなヒントです。

アマガエルにシュレーゲルアオガエル、トウキョウダルマガエルにヌマガエル、とこの近辺の田んぼではこれらの声が聞こえます。

じっとりと湿気を帯びた空気の、風の弱い日はホタルもよく飛びます。

生きものの生態をよく知って、そっと息を殺して彼らに近寄ってみましょう。

自然の中で生きる懸命さを感じられるでしょう。

息を止めすぎて倒れないように・・・・・(笑)

僕だよ~~~(ニホンアマガエル)

昼間はこんな所で眠っているよ!

 

 

 

 

僕がトウキョウダルマガエルだよねーーー。

おたふく風邪が出ています。耳下腺炎(ムンプス)子どもたちの体調や身体の変化によくよく気を付けてください。ケロ!

< ツバメ情報 >

< 巣立ちまであと少し >

毎年玄関に巣を作るツバメの卵は今年は過去最高の7個!!!

その7個全てが孵化し、お陰様で7羽ほぼ同じ成長を遂げ、間もなく巣立ちを迎えます。

最後の天敵はカラス。このカラスをやり過ごせば、今週末には巣立つでしょう。

かわいいヒナを子どもたちにも見てもらいました。

「かわいい!」と叫ぶ子。「おおおおーーーー」と感動する子。

望遠鏡を使って間近かに見る大きさに驚きながら、生命の存在を感じます。

無事に7羽が巣立つことをどうぞ見守ってください。

< 自然と出会う >

今日はとても爽やかな日でした。

日向は太陽光が熱いですが、日陰は風が気持ちよく、数日前のウソのような猛暑日を忘れさせてくれます。

こんな日に、子どもたちはネイチャーゲームの一つで、自然の宝物探しをしました。

カードには生きものと出会うヒントが描いてあります。

そして五感を使ってみる目印(挿絵)があります。

お山の中に入り自分で自然の中へ目を向けます。

いつも通り過ぎている木道が、左右にたくさんある草木が、一つ一つ目に映ります。

それを自分で触ったり、匂いを嗅いだり、ちょっと仕掛けた虫メガネで違う世界を垣間見ます。

こんな機会が多ければ多いほど、その一つ一つがこれからの人間形成を形作る財産になるのです。

何か未知のものに、いつ出会うか、どのように出会うかは人生の大きな分かれ目でもあります。

質の高い幼児教育とはこういうもので、お金では換算できない、目に見えて評価できない、何かが出来るようになるものではない、心の中にそして体に記憶させていくものなのです。

だから山野で遊ぶことは重要で、人の手では作り出せないものと触れ合い、この中で自分たちが生かされていることを肌で感じ取って欲しいのです。

今日の活動がそのきっかけになってくれれば、大人になった時に自立した人生設計を歩む力になります。

ながつた幼稚園はこんな幼稚園です。

体験から学び、自分が感じる。

これからもお山を利用してこの出会いがどのように展開していくか、見ていきましょう。

< ああ 熱中症 >

明日は今年度の1回目になるプレ幼稚園があります。

近隣の小学校は運動会が予定されていて、発表する子どもたちも、応援する家族も熱中症が心配ですね。

きっと学校側も気が気じゃないでしょう。

今日の午後の外遊びは無くして、ホール遊びにしました。

長引く夏の暑さから避けるために春に移動するようになった運動会ですが、

現代では春でも秋でも暑さ対策が一番になるなんて!!!

人間生活がもたらした皮肉な現象です。

地球環境の悪化は日常の行事にまで影響し、人々の習慣まで変えてしまうのでしょう。

習慣と言えば、コンビニは24時間営業する必要が無く、名称通りに「7時から深夜11時まで」にすればいいのではないでしょうか・・・、

どなたか初心を思い出すように、助言してください^^;

ちょっと横道にそれましたが、明日のプレ幼稚園は園内で行いますし、

時間も1時間弱です。これから幼稚園をお考えの方はどうぞいらしてください。

近隣小学校の運動会と重なってしまって、「何とかなりませんか!!!」と言われましたが、

お互いの年間予定を連絡し合っている訳ではないので、しょうがないです。

重なっている方は見学会などでながつた幼稚園の様子をご覧になってください。

皆様もこの週末の天候には気を付けてお過ごしください。

嘔吐下痢の感染はほぼ落ち着き、現在溶連菌感染症の子がいます。

おまけ;

昨日みなみ台にお住まいの方の自宅に迷い込んだシマヘビを救助しました。

お山に放しましたので時々顔を見せてくれるかもしれません。

もちろん毒など持っていませんのでご安心を。

爬虫類がいる山は豊かな山の証拠です。

幼稚園の山には、ヒバカリ、アオダイショウ、シマヘビの3種が生息しています。

 

 

< 活動報告 >

先週の土曜日に生きもの抹茶館と幼稚園の山環境で開かれた、「こども環境管理士全国交流会」が、

タウンニュースに掲載されました。

保育士や幼稚園教諭、小学校教員や行政の子育て関係者に環境を司る民間会社など、様々な業種の方がこの資格を取得しています。

北は岩手県、南は佐賀県から参加されました。

皆さん、少し野外での活動の楽しさと大切さを実感していただいたでしょうか。

大人が野外体験を豊かに持ち、子どもが触れる自然に共感、共有出来ることが子どもたちの育ちには必須です。

生きものに触れ、また生きものの生態を少し理解し会を終えました。

< 小満に低気圧通過 >

早朝から低気圧の前線による大雨と風に見舞われました。

皆様の地域ではあちこち大丈夫だったでしょうか。

大雨警報が横浜市内に出されていましたが、午後からは小雨になることもあり通常通りの活動といたしました。

小さなお子さんを連れての雨風の中の登園は大変で、危険を伴う時もあるかもしれません。

よくよく準備して時間をたっぷり取って登降園してください。

もちろん暴風警報やこれ以上の大雨の場合は休園措置を取ります。

自然災害の大規模化と共に長期化も考えられる昨今です。

総合判断をしっかりと見極めて決めないといけません。

明日は晴れて暑くなるのでしょうか?

池ではアズマヒキガエルが上陸を始めました。

今日は小満。命が次第に満ち満ちて、草木も花々も鳥も虫も獣も人も、

日を浴びて輝く季節!という意味です。

低気圧去って澄んだ空が清々しいといいのですが・・・。

Page 1 of 3012345102030...Last »