< 美術鑑賞 >

さすがの私もこう毎日暑いとパソコンに向かう気になれず、

少々お休みしていました。

家に居てもボーとしてしまい、ただただ時間が過ぎてしまう毎日の事は

先にも触れましたが、「これじゃダメだ!」 と奮起して、この夏休みの計画の一つだった、

美術館に行ってまいりました。

しかーーし、失敗でした。 

国立新美術館へ オルセー美術館展2010、「ポスト印象派」 へ出かけてみました。

まずヨーロッパ旅行は考えられないので(時間が取れない事と、一人で行くとまたケンカの元ですから)、

モネ・セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャン・ルソー といった有名画家たちの絵を見ておこうと思ったのですが、

出かけた日も悪かった。

お盆休みに入った、それも週末の金曜日。

絵を見に行ったのではなく、長蛇の人の列をじっくり見てしまいました。

でもここで帰るのも悔しいので、仕方なく70分並んで館内に入りました。

入場制限をしていたので、館内は比較的ゆっくりしているのかと思ったら、

甘かった。

ごちゃごちゃ!人だらけ。美術鑑賞というちょっと俗世を離れた知的で優雅な印象は

見事に打ち砕かれ、ざわざわとうごめく音と、人いきれ、なんとバギーに生後数か月の子を乗せて、

ガラガラ引いている人も居て、壁の崇高な絵画たちは「うんざり」と私たちを見ていたでしょう。

同じように 「一目見たい」 と思う人も多い という事ですが、

やはり美術館はゆっくりと静ずかに心の安らぎを求められる状態でないと鑑賞した気分になれません。

しかし多くの有名な本物の絵を真近に、いえいえ遠くから見る事が出来ました。

何百年も前に描かれた絵画なのに、その存在感はやはり圧巻でした。

もっと静かにゆっくり、近くで見たかったのですが、どこかのおじさんが、

「絵は近くで見ちゃダメなんだ。3mぐらい離れて観るものなんだ。」とうんちくを

述べていらしたのはいいんですが、3メートルも離れていると見えてくるのは時々コマ送り

のようにして流れる、絵の部分鑑賞になってしまいます。(もちろん絵の前には人の頭だらけだからね!)

まっ、そんなこんなで一通りズルズルと出口へ向かったら、外はまだまだ長蛇の列。

もっと長くなっていて、「ハー」とため息をつきながら帰ってまいりました。

その日の夕方に自然の芸術を撮ったので、そちらをご覧ください。

夕焼けです。

ふーーー、少し落ち着きますでしょう。私がね!

Filed under: 未分類 — itsuko 15:39

< 夏休み その4 >

あっという間に夏休みも後半戦。

私もいろいろと計画を立てているのだが、まったくもって実行できておらず、

その日の家事と机の整理と、ぼーとして1日が終わっている状況です。(ゲー!)

毎日聞こえる「ヒグラシ」の声が少なくなったように感じ、宵は「エンマコオロギ」が鳴き出しました。

もう夏休みも終版ですね。

ニュースを見ているとさすがに夏休みは子どもたちを対象にした

様々な体験活動が組まれているようですが、「何かに参加させなくちゃ・・・ 」と焦っている方は

いませんか?長津田プロジェクトでも行っている「サマーキャンプ」はその代表格でしょうし、

最近多い水族館や動物園のナイトウォッチングもその一つ。

また今年は静岡の方で、ノーベル賞受賞者や宇宙飛行士を講師に呼び、

未来の科学者を育てる小・中学生のセミナー(生意気!)もあったそうで

(結構な金額も掛るでしょう?)、保護者の方々は毎年夏の過ごし方を模索されているのでしょう。

もちろん子どもの意欲・意思と一致し、参加費も妥当であるならば

大いにそこでしかできない体験・学習をする事はいいと思いますが、

麦わら帽子と虫かかごと虫網を持って、「地域の生き物探検!」 なんていうのも楽しいものです。

どんな生き物に出会えるか、それは何か、どこに居たか、何をしていたか、ちょっと捕まえて

じっくり観察。そしてノートに付ける。

これだけで立派な体験学習。身近な自然はどのようになっているかを知る事が、

科学者や宇宙飛行士の第1歩に繋がります。

興味を持ちどうしてそうなっているかを自分で見つける事、そして大人まで持ち続ける事。

そんな気持ちを抱き、持てる良い機会が夏休み、です。

ちょっと気を付ければ自然は(生き物は)たくさんの情報を発信していますから、

まずは五感をフルに使って、気づくことです。

夏休みは {sense? of?? wonder}?? を見つけること。

私のように何も出来ずに1日が終わっている皆さん、暑くても外に出かけて見ましょう。

熱中症にはご用心を!後半も元気に楽しく過ごしてください。

事故や怪我の無いように、お願いしまーーーーす。

Filed under: こども環境管理士 — itsuko 18:30

< 鎮魂 >

本日9日は長崎平和記念日、先の6日は広島平和記念日。

日本人なら誰もが知るはずの、原爆投下日だ。

この日の為に、アメリカは太平洋の素晴らしい環境(ビキニ環礁)をまるっきり破壊した。この事も

同時に「負の世界遺産」として登録された。(彼らはここから何かを学んでいるのだろうか?)

今年は初めて広島の式典に駐日大使が列席したので、世界からも多くのメディアが

集まりました。 遅かりし、 感もありますが、たとえ謝罪でなくとも、本当に多くの一般市民(老若男女)が

一瞬のうちに丸焦げとなったのだから、その痛みを心に留める事は、人間として当然だ。

理由や原因や結果はどうあれ、あの同時多発テロ(2001/9.11)で味わった痛み以上の痛みを、

広島・長崎の人々は65年も前に味わい、今までずっと苦しんできた(いえ、これからも)わけですから、

アメリカ人の多くも耳と目と心を向けるべきだと思います。

皆さんは子どもたちと戦争について話した事がありますか?

私はかろうじて父、母からその当時の様子や体験を聞いたことがあります。

そして私の幼少期も物が無い時代でしたので、兄弟全員で家の仕事を分担し、母を手伝いました。

ですから練炭起こしは得意です。まっお陰で薪割りを横着し、足の裏に五寸釘を貫通させた事が

ありますが・・・・(ひぃえーえ、痛っ!)

昔話はさておき、原子爆弾の話、戦争の話、これからの平和の在り方などについて、

子どもたちに話す事はとても重要ですね。

正しく、道徳的に、人としての価値観を伝えたいと思います。

一方に偏らず、色眼鏡で見ず、多くの人の考え方を知り、大切な事を伝えたいですね。

15日は終戦記念日です。親子で日本が歩んできた戦争とその惨状、世界の中の日本、これからの

平和について考えてみるのも夏の行事の一つかもしれません。

Filed under: こども環境管理士 — itsuko 14:38

< 立秋 >

残暑お見舞い申し上げます。

立秋です。秋ですか?!  いえいえ、全然まだ夏ド真ん中ですね。

日本が亜熱帯化している事は様々な事象の変化、生き物の生息状況から

わかります。立秋でも札幌もロシアも35度ですからね。生き物は人間も含め生死を脅かされます。

そんな毎日ですが、お山の池は水深が浅いので放っておくとお湯になり、そのうち干上がってしまうので

毎日井戸水を給水しています。そのお陰でいろいろな生物がやって来ます。

今回はこれらの最新情報を、入院して病気と戦っているI君の為にお届けします。

負けるな I 君、またみんなとお山で遊ぶぞ。

今日の生き物 ③

いきなりイモムシでごめんなさい。でももうすぐ蛹になる立派なキアゲハの幼虫だよ。

きれいな蝶々になります。イモムシを見つけるとすぐ殺虫剤を振りかける人がいますが、

ダメダメ! きれいな蝶々になる仲間もたくさんいるから、すぐに殺さないでね。まずはよく見て、調べよう。

次はこれ。オオシオカラトンボのオス。

そしてこちらが、メス。

色が全然違うでしょう。今度はこれ。普通のシオカラトンボ。オオシオカラトンボより色が薄いし、

体が細いね。

翅の付け根にも黒い部分がありません。

メスはムギワラトンボ って呼ばれているよ。これです。

どちらもオスは池の周りを飛んでいて、他のオスが来ると追い出すんです。

なわばり って訳ね。メスはのんびりお山の中で涼しそうにしていたよ。

お山の途中では赤とんぼにも会いました。

細い体が赤いのが分かりますか?これから秋が近づいてくると、もっと多くなるでしょう。

多分 ナツアカネ と思います。

お池にはこんな物もいたよ。

これ貝の仲間。ここにいていいのか悪いのか分かりませんが、初めて見ました。

何貝か調べないとね。貝殻に変な模様があるね!

そして最後はちょっとかわいい、私の好きな虫くんです。

木の周りにいて、くるくる回っているからこの名前が付いたのかもね。

カブトムシの仲間だよ。名前を、キマワリ って言います。ひまわりじゃ、ないよ!!!!!。

足が長いんだ。かわいいでしょう。

おまけ! これはお山にいたのではありませんが、金色の蜘蛛です。

場所は秘密だけど、珍しいんだよ。写真があまりよくないね。でも分かるでしょう。

ほら、お尻が金色に光ってる。周りにいる粒粒は赤ちゃん。

白いのは卵だよ。足が長くて、黒の模様がオシャレだね。名前を コガネヒメグモ と言います。

クモは昆虫ではありませんよ。翅も無いし、足も8本あるからね。虫以外の仲間でクモ類として

分類されます。

おしまい。

Filed under: お山の様子(生き物と植物) — itsuko 17:43

< 掃除・洗濯 day >

今日は1日お休みをもらって、掃除洗濯、小物片付けで1日が終わりです。

もう疲れちゃいましたので、今日はこれで終わり。

でもそれじゃあんまりなので、この歌をどうぞ。

「誰も知らない」 作詞:谷川俊太郎  作曲:中田喜直

♪ おほしさまひとつ プッチンともいで

  こんがり焼いて  いそいでたべて

  おーなかこわした  オコソットノ  ホ

  だあれも知らない  ここだけの は な し  ♪

ねっ、 楽しい歌でしょう。昔はこういうステキな子どもの歌が

いっぱいありました。NHKの 「みんなのうた」 でやっていたんですよ。

今もやってますが、訳分からない歌が多いと感じます。

年齢(とし)のせいかもしれませんが・・・・・・。

では、ごきげんよう!

Filed under: 未分類 — itsuko 17:36

< 良かったです、うれしいです。 >

今日は夏ーーーーーう、というお天気でしたね。

空も、雲も、風も、すべてが8月の夏模様でした。

暑いのは暑いですが、こういう夏はいいですね。夏は暑く、冬は寒く、春は暖かく、秋はさわやかな

日本の四季がいつまでも続くように何か出来る事をいたしましょう。エコ、エコ。

そして今日はわざわざ幼稚園へいらしてくださり、報告をしてくださった方がありました。

卒園児のお母様で7月の初めでしょうか、ご自宅の庭で巣から落ちたヒヨドリのヒナを見つけられて、

どうしたらよいかとお電話をいただきました。

あれこれとお話しして見守っていただいたのですが、その後の報告にわざわざいらして下さったのです。

園に張ってあった 「ヒナを拾わないで」 のポスターも目にして下さっていたようです。

野生動物は人からエサをもらう事を極端に拒否する種類(個体)もあります。

そのくらい野生で生きている事にプライドがあり、DNAに自立するすべを刻み込まれています。

その暮らしには出来るだけ人が介入せず見守る事が必要になります。

もし怪我をしていたらその場合はまた別の救護方法がありますが、

とにかく身近にそのように必死で生きている動物たちがいて、その暮らしぶりを

尊重することが人と共存していく唯一の方法であると思うので、気づく事、子どもたちに伝える事、

暮らしぶりを知る事を私は少しずつ伝えているつもりですから、お一人でもご理解いただければ、

大変うれしく、励みになります。

その方は、「いままであまり生き物を気にしていなかったが、これからは子どもと一緒に見るようにしてみます。」

とお話ししていました。

他にも地域の田んぼにオタマジャクシを見に行ったり、採取したり、ザリガニがいない!

と気づいたり、いろいろと聞かせて下さる方が多くなりました。

自然はとても刺激的で面白く、多くの生き物が暮らしている事に気がつけば、

こんなに知的好奇心を満たしてくれる環境はありません。だから、  

辺野古の海のサンゴ礁もジュゴンも守れるようになるといいと思います。

遠い沖縄の話ですが、身近な自然の大切さは沖縄も長津田も同じでしょう。

ちょっと話が飛びました。

今日の生き物 ②

???

ヤブキリ! 直翅目キリギリス科のキリギリスの仲間。

やぶに棲むからやぶのキリギリスで ヤブキリ。 ジリリリリ ジッ、と切って鳴きます。

さなぎにはならない不完全変態。いろいろな植物の葉や小昆虫の死骸も食べるようです。

こんな虫の声を聞くのも身近な自然に気づく事です。

< 8月も忙しい! >

お久しぶりです。

ちょっと忙しくてこちらまで手が回りませんでした。

で、昨日より8月、葉月 ですので また頑張って更新したいと思います。

幼稚園には工事関係者がいろいろ入っていて、やれ水道を止めるだの、

図面を見せろだの、サンプルから選べ、車はどこに止めたらいいか、などetc,etc。

管理もあるし大変です。

私個人では、ボランティア活動をしていまして、またこちらが半端じゃなく重労働。

そしてこの暑さでしょう。全身汗だらけになったのは何年、いや何十年ぶりの事でしょうか?

トイレへ行く回数がドーンと減るほど、汗となって出てしまったほどです。

そんなこんなで疲れてしまいました。

このボランティア活動については、追々お話しすることに致しましょう。

夏休みまっしぐらの8月は、最後に何か一つ

「生き物」紹介をしましょう。お楽しみに!

実はこの為の写真を撮りに、あちこち歩き回っているのも忙しいの一つなんです。

ハハハッ!!!

いろいろな物に遭遇出来て面白いのですが、やはりどこへ行っても暑い。

そこでこんな歌。少し前に、「夕方のお母さん」 という歌詞を載せたところ、

この記事を読まれている方が多くいるようですので、同じように私が幼少のころ、

耳にしていてとても好きだった歌です。

メロディーは楽譜を求めて歌ってみてください。いい歌ですよ。きっとびっくりしますよ。

 「せみのうた」 作詞:さとう よしみ 作曲:中田喜直

♪ せみせみ せみせみ せ みん みーん

  どこにいるのか せーみ

  なかなかいないよ せーみ

  なかなかとれない せーみ

  せみせみせみ せみせみ せ みーん みーん  ♪

そのまんまの歌です。

セミの抜け殻も集めてまーす。徐々にお休み中でも持って来てくれるようになりました。

企画倒れにならないように、お願いしまーーーす。

今日の生き物 ①

なんと素敵な親子でしょう。これは 「ライチョウ」のお母さんと、ヒナ。ここには2羽しか写っていませんが、

実はこの周りにあと4羽いまして、計6羽のモコモコちゃんを連れているのです。

場所は立山。絶滅が危惧される国の 特別天然記念物 ですよ。

世界的には標高の高い高山帯に約20種が生息していますが、日本では

2種が焼山・火打山、立山や乗鞍など局地的に2,000羽程度が生息するだけの

貴重な鳥です。真っ白な姿は時々めメディアにも登場するので、ご存知の方も

いらっしゃるでしょうが、これは夏羽。こんな模様をしています。カモフラージュですね。

見て下さい、足。寒い寒い厳冬期も高地で暮らすため、しっかりと羽毛が生えているのです。

こんなところがキジ類と違います。

 

かわいーーーい。生後3,4日ほどでしょうか。

彼らは地球温暖化により生息域をどんどん狭められている生き物の一つです。

要は白クマと一緒。きちんと見ておかないと、次に注目される時は佐渡のトキと一緒の状態かもしれません。

Filed under: 未分類 — itsuko 16:22

< セミの脱殻 集めています。 >

11月の作品展にちょっとした企画を考えていますが、セミの脱殻を使おうと思いまして、

夏休みの宿題がてら子どもたちにお願いしたのですが、全然、集まっていません。

このままだと、企画倒れです。(どうしましょう!)

どんな企画かは内緒ですが、とりあえず皆さん、セミの脱殻がありそうな場所へ行って、

(暑くて行く気にならないのはよく分かりますが)、1つでも探して来て下さい。

皆さん 「今年はセミが遅い」 と言いますので、これからが大量ゲットになるかもしれません。

確かに鳴き声を聞く回数や場所が少ないように感じます。

でも何とか集めたいな====。

幼稚園は完全休園期間以外は必ず職員がおりますので、忘れないうちに届けて下さい。

あのーーー、もしこちらのブログにいらした一般の方は結構ですよ。わざわざ届けないで下さいね。

調査するわけではないので、どこでどの虫が鳴いているかだけ、記憶にとどめておいてください。

ちなみに本日お山でアブラゼミの殻3個見つけました。

そして ミンミンゼミ の声を今年初めて聞きました。

アブラゼミ どうした????

Filed under: 未分類 — itsuko 23:57

< 研修会 やってます。 >

昨日はたまには夜空を眺めて下さい、 なんて書きましたが

久しぶりにすごい稲光と雷鳴でしたね。あまり風雨が強くなくてよかったです。

電光が横に走っていましたからね、大きな雷雲がすっぽりとこの地域を覆ったようですね。

少々不謹慎かもしれませんが、稲妻を見るのが好きで雷鳴の方はちょっと怖いですが、

カミナリ! というとよく空を見上げてしまいます。

停電になったりすると困りますので、大きな雷雲はダメですね。

でもこう暑いと、少しの寒気だけで空は不安定になるでしょう。また今日もピカッと来るかもしれません。

さて本日は幼保小夏季合同研修会。先生方の交流会です。

幼保小の交流活動の枠組みに、「教員の相互理解」という目標があるのですが、

どうも同業種なのに違和感があり、上手く交流出来ずにいる地域が多い中、ながつた幼稚園では早くから合同研修会と称して

あまり肩ひじ張らず、日頃の取り組みをザックバランに話しましょう! として始めました。

これが結構上手く行き、毎年継続できて、お互いの理解に繋がっていると感じます。

今年は少し趣向を変えて、専門の先生を外部からお呼びして、話を聞きました。

どこの現場でも同じように戸惑っている内容に、共感したり、発見したり、納得したりと、とても参考になりました。

全部で89名の先生方が参加し、熱心に耳を傾けたようです。(幼稚園の参加は当園だけって、どういうこと!)

幼稚園はこういうところがダメなんですよ。もっと積極的に交流活動に参加しなくちゃ。向上心が少し足りませんね。

最後は美味しいお菓子をいただきながら、懇親会を持って終了しました。

会場はいつもうちの園。まっ手前みそですが、設備が整っていて涼しいし、だいたいどこの小学校、保育園からも

丁度真ん中ほどに位置する関係にありますから、指定されます。(長津田、いぶき野地区周辺の各学校・保育園)

うちの先生方はとても気が効くし、お世話がいいですから!(いざという時の動きがダントツに早い!)

さあ、だれが指導しているのでしょうか・・・・・・・・。

今日の講演内容は、「気になる子の対応」です。気になる子と、そうでない子の人権を両方認めて教育(保育)していく中で、

何となくこうだろう、ああだろう と思っていたことが、再認識でき、はっきり・すっきりしました。

ひとりひとりに目を向けながら、それでも母集団(クラス)のまとまりを尊重することの大切さと、難しさ。

そんな研修と、甘いロールケーキでした、玄米茶もね。

幼保小の活動は今後も続きます。

Filed under: 幼稚園活動 — itsuko 19:02

< ヒナを拾わないで。 >

毎日本当に暑いですね。つい口に出てしまいます。 「暑い!」とね。

今日はこんな話です。

この週末は自宅の掃除洗濯に汗だくになっておりましたが、

庭の掃除をしようと外に出たとたん、「ぴーぴー」と何やらヒナの声がしました。

どこだろうと探しましたら、外周のフェンスに2羽。まだ巣立ちには早い「メジロ」という種の

鳥のヒナが居るではありませんか。

「まあ、かわいそう。きっと巣から落ちちゃったのね。」 とすぐに拾ってはいけません。  

まだ羽毛が生えそろっていないので、全然かわいくありませんが、立派なメジロの赤ちゃんです。

すぐそばに両親がいて、2羽の事を見ていますので、拾わなくて大丈夫です。

この2羽は30cmほど移動が出来、足は結構しっかりしているので一ところに

じっとしていますから、親がせっせとエサを運んできます。

この日に運んだエサは私が目撃したもので、小さなカマキリ2匹。

アオバハゴロモというカメムシ目の仲間のいずれも虫(生餌)を持ってきました。

きっとまだ巣立ちとしては早かったと思いますが、何かの原因で巣を離れたのでしょう。

このようなヒナを見つけても、すぐには手を出さず、付近に親鳥がいないかよく

観察して下さい。親鳥がいればひとまず大丈夫ですので、手を出さずに見守りましょう。

決して早々に誘拐犯になってはいけません。(ボランティア仲間では誘拐すると言っています。)

ちょっと地面近くにいるので猫に襲われる事が心配でしたので、移動してあげようと

ヒナを捕まえに出たら、親鳥がすごい勢いで威嚇してきました。私をつつきに来たのです。

日本では1,2を争うほどの小さな鳥ですが、親の愛は人も鳥も変わらないようです。

もうこの時期はヒナも育ってほとんどが若鳥になっていると思いますが、

もし地上をピョコピョコしているヒナを見つけてもどうぞそのままにしてください。

もし周りに親も無く、弱っているようでしたら救出しましょう。

町の獣医さんで見てくれなかったら、この付近では横浜ズーラシア動物園が

野生生物救護センターになっています。預けられます。

2日目は頭の羽毛も生えて、見栄えが少し良くなりました。こうなるとかわいいでしょう!!!

ガンバレ、ガンバレ、おちびちゃん!どうぞ無事に飛び立ってね。

君たちは毎日が死との戦いだけど、お母さん、しっかりね。 

関係ありませんが、ちなみに今日は満月です。たまには夜空を見上げましょう。

そして土用の丑の日だから、うなぎでも食べましょうか?いえ、私はうなぎは苦手です。くにゃとするので。

Filed under: 鳥・トリ・とり — itsuko 18:18