< さくらが咲いて、おめでとう >

いよいよ22年度が始まりました。皆様は新年度をどのように迎えましたか?

私はなんと新しくページを開設いたしました。ようこそ、ひとり言ページへ。‘-‘

幼稚園のいろいろな情報をタイムリーにお伝えしようと思い、パソコンの苦手な私ですが、

専門家のお手伝いをいただき、新しくしました。これからはもっともっと多くの情報や

私の愛する生き物の事、そして幼稚園を取り巻く社会状況について、はたまた子ども環境管理士関連の話題、

そして皆様にとっておきの鳥たちをご紹介したいと思います。もちろん日々のお山の変化もお知らせしますよ~~~~!

さて、初めて幼稚園にお子さんを入園させる方々には、入園式を前に本当に不安と期待とが大きい事でしょう。

でも初めの1歩を踏み出せば、どんどん道が開けて行きます。まずは心配なく、お出かけください。

今年も桜の満開は入園式前になりますが、お天気が良ければ花弁が散る空の下で素敵な

記念写真が撮れるでしょう。楽しみですね。

幼稚園環境では「子ども手当」という制度が順次導入されそうです。まだまだ正式な金額や期日は

これからのようですが、こんな社会制度にも注意してみて行きましょう。

お家では準備が進んでいますか?全部の教材に名前を書き込み、制服は着てみたでしょうか!

ワークノートはやっていませんよね!お家でやらないでくださいね。毎年必ず一人か二人は「やってしまいました」

と新たに購入される方がいますよ。リビングのテーブルに出したままにしておくと、危険です。

とその辺も注意しながら、お子さんと一緒に楽しく準備を整えて下さい。

こちらでも先生方が朝から晩までお部屋の準備をしてみんなを待っています。

その先生ですが、新年度の担任紹介は教材置きの7日にホームページでも

公開します。早くから出してしまうといろいろとありますから・・・・、いろいろと@=@。

みんな張り切って新しいクラスに臨んでいますから、どうぞ楽しみに、そして期待して

いらして、またはホームページを見て下さい。今年度の新任の木谷先生(男性)はなんと

ジャグリングが上手で、大道芸を披露してくれました。(新任歓迎会で)これは誕生会で皆様にご披露しなければ、

と思っています。H先生もうかうかしてられませんね。(人気を持っていかれちゃうかも・・・・・)

\(^o^)/身近な生き物コーナー=見つめよう自然!見守ろう育ち!

さてお山の様子です。タチツボスミレとゼンマイ、そして竹の子です。

お山の竹の子はとてもおいしいですが、掘るのが超大変。でも掘らないとあちこちから顔を出し、道も歩け無くなっちゃうほどです。まあ写真でご覧下さい。タチツボスミレは来週あたりが見ごろです。

Filed under: 未分類 — itsuko 15:01

38:≪卒園・進級 おめでとう!≫

 あっという間の1年間。昨日はお陰さまで卒園式を終えました。練習の甲斐もあってとてもすばらしい終了証書授与式となりました。欠席もいなかったので、全員の年長さんにしっかりと卒園証書を渡せました。今年の卒園式は少し趣向を変えましたので、ご兄弟のいらした保護者の方々は驚かれたかもしれません。
 時間短縮(それでも1時間半はみっちりとかかります)の為と、私達の送り出す思いを込めました。最後に歌った曲は、幼稚園の1年をとてもよく現した歌詞になっていて、ぐっとこらえていた私も思わず涙してしまう、そんな感慨深い曲でした。まあその前から先生方はぐしゃぐしゃでしたけれど・・・。子ども達もお別れ会の時にずいぶん泣いていましたね。数年前から男の子もわんわん泣くようになり、時代が変わったのか感受性が豊かになったのか、まあ心に響く(届く)ものがあることは大事なことですからいいでしょう。
 『卒園式の時に、先生はあまり泣かないように。』と園長先生から訓示がありましたが…。立派な年長さんの次は少し戸惑い気味の年中さんと年少さん。今日は新しく進級するクラスに行って、クラスの先生とは違う先生からいろいろと話を聞きました。シーンと静まりかえるクラスや、緊張からかやけにハイテンションなクラスと様々でした。顔ぶれをキョロキョロとお互いに探り、なんだか妙な1日だったかもしれません。現にこんな事を言っていた子がいました。
 『なんで新しいクラスに行くんだ。今日がみんなと遊べる最後の日なんだから、Y組で過ごしたいよ!!!』という事です。う~~~ん、そうか、そんな気持ちもあるんだね。私たちは少しでもあたらしいクラスに慣れる事を意図していたのですが、今から新クラスへ行く必要が無いと言うのです。子どもの意識もいろいろですね。でもこのお友達もきっと新クラスへ足を踏み入れた時はうれしかったのではないでしょうか?
 今年度も1年間、みんなそれぞれに頑張りました。そして乗り越えてきました。お顔を見ればわかります。いいお顔をしていますから。ひとりひとりの思いを大切に、子どもたちとしっかり向き合って、22年度も張り切って行きましょう、体力と気力と知力がもてばですが…。なんせ最近体中がカチカチで、肩こりなんか通り越しましたので。

Filed under: 幼稚園活動 — 管理者 01:25

37:\(^o^)/身近な生き物コーナー=見つめよう自然!見守ろう育ち!

 さて今年度最後を飾る身近な生き物(私たちの仲間)は鳥の宝石、カワセミです。バードウォッチングにハマる人の人気投票第1位の鳥です。これはもう不動の地位を確立しています。それもそのはず、とにかくきれい。誰が見ても美しい。こんなきれいな色がどうして生まれるのか、不思議ですね。ちなみにこの写真は恩田川のいつもの場所で休憩している所です。これは♂。嘴が上も、下も黒いでしょう。♀は下のくちばし(下嘴)がオレンジ色なんです。私も大好きな鳥です。毎年恩田川では繁殖していますから、春休みに川沿いを歩くとカワセミの求愛行動(オスがメスに小魚を渡す)が見られるかもしれませんよ。うらやましいですね。仲良しで・・・。川面に飛び出した細い枝や植物の茎に止まって、首をヒクヒクと動かしています。是非探してみて下さい。感動を保証します。

Filed under: お山の様子(生き物と植物) — 管理者 01:00

36:やりました!\(^o^)/身近な生き物コーナー=見つめよう自然!見守ろう育ち!

 今年も産んでくれました。アズマヒキガエルです。観察してきた4年間で一番早い産卵となりました。やはり温暖化の影響でしょうか?お山の整備をした3月1日に3匹の成体を土から掘り起こしてしまったことも影響しているでしょうか?昨年は3月23日でしたから春休みに入ってしまい、子どもたちに見せる事が出来ませんでした。今年はバッチリです。何が重要かと言えば、カエルが身近な里山にいて水の中に卵を産む事実を知っておくこと。そしてそれが毎年繰り返されること。その為には冬眠する里山と、産卵する水たまりや池が毎年同じところにある事が彼らの命を守っている事を意識して欲しいのです。お父さん・お母さんが是非この事を確認していただき、子どもたちに伝えてほしいです。これから生物が人と共存していく鍵は、このような意識・基盤を心に持っているか、いないかにかかっています。どうぞ見て下さい。


Filed under: お山の様子(生き物と植物) — 管理者 01:32

35:≪春の気配①≫

 ふきのこ会が終わると、一気に年度末ムードになる幼稚園。子ども達はそれぞれが緊張を乗り越えて自信を付けました。年少さんも会話が格段としっかりしてきて、受け答えに「て・に・お・は」が入ってきました。疲れて帰って来るお父さんからは卒業です。「めし・風呂・寝る」で終わってしまう会話が「ご飯にします。・お風呂に入るよ。・今日は寝る。」などなど助詞が加わり、形容詞も増えた、という事です。ことばの大切さは心身の成長に大いに関わっていますから、きちんと言葉を話す、自分の気持ちを相手に伝える事に着目して、普段から子ども達と話をしています。そんな会話が増えた子ども達にも、なんだかウキウキした雰囲気があり、1年間一緒に活動してきたクラス意識が強くなり、幼稚園全体がほんわかムードに包まれているようです。先生達の顔つきも今までよりやさしくなったはずですから、そんなところもご注意ください。(気を抜くと、怖い顔に戻ってしまうかな・・・?)

Filed under: 未分類 — 管理者 01:34

34:≪春の気配②≫

 月のたより(3月)が配布され、またまた話題が持ち上がったでしょうか?退職する先生がいるのかどうか、などなど。今年は2名の先生が結婚や転職でながつた幼稚園を離れます。また永年お世話になりました学校茶道の講師の弓削田宗綾先生が引退されます。弓削田先生はご自身の体調や、ご家庭で看護されている方もいらしてこの年度で後輩に後を託す事になりました。現在一緒に指導していただいている講師の先生方は弓削田先生のお弟子さんですが、何人か残っていただけるようです。多くの世界で新旧交代の時ですから、いい時期かもしれません。少々幼稚園の学校茶道に対する考え方と違ったお考えをお持ちの時もありましたから、講師の交代でもう一度この活動のねらいや趣旨をきちんとお伝えし、次期指導者の先生には取り組んでいただきたいと思っています。年長さんの活動ですから、4月の懇談会で新しい講師の先生をご紹介できると思います。
★木更津だより・・・ハーイ、元気ですか!先日のふきのこ会は残念でした。でもすぐ良くなって良かったです。子ども達の成長は見に来てくれたT元先生と、わざわざタイから帰国当日駆けつけてくれたM元先生から聞けたでしょうか?ちょっと遠いけど元気な時にいつでも遊びに来て下さい。私はbabyの報告を聞きたいですね!!!ずっと長津田の母の気持ちでいましたからね。

Filed under: 幼稚園活動 — 管理者 00:04

33:\(^o^)/身近な生き物コーナー=見つめよう自然!見守ろう育ち!

 今回は春の兆しをお届けします。先日の新入園児説明会でもちょっと触れましたが、お山はこの時期多くの「ふきのとう」が顔をだしますポカポカ広場までの階段の両脇は、ちょっとした群落になっています。これは本当のこの山の自生種ですから貴重ですよ。ふきのとうだって、そのうち見られなくなる植物ではないでしょうか。里山が消え、田んぼの畦がなくなれば、おのずと生息地を追われるという事です。哀しいです。先生方にも写真を見せましょう。大体「ふきのとう」を見つけられないとこんな話も空論になりますから・・・。二つ目は「コナラ」=どんぐりが根を出した所。どんぐりは落ちた場所の環境で、実際の木に成れるかが決まります。そのほとんどが二葉を出してもなかなか育ちません。木の生育には気の遠く成る月日が掛かるという事です。屋久杉見たいにね。切る(倒す)のは一瞬ですが・・・。
そして3つ目は新しく子ども達と掛けた巣箱に入ってくれた「シジュウカラ」の写真です。お山のエサ台にひまわりのタネを食べにきました。厳冬期のエサの乏しいこの時期だけ、野生動物の生息に力を貸しています。ね、かわいいでしょう!

Filed under: お山の様子(生き物と植物) — 管理者 00:00

32:≪如月①≫

 2月に入り雪ですね。横浜の子どもたちはやっぱりうれしい雪ですね。手に手に雪を握り締めての登園ですが、着いたころにはグシャグシャ。だけど持っていたい雪ですね。子どもたちはおおはしゃぎですが、バス運行にとっては気が気じゃない天候です。深夜まで道路状況を確認し、早朝から空と予報とにらめっこです。前の日にチェーンを装着しておいて、今日は無事に運行できました。時間は15分ほど遅れてしまいましたが無事で良かったです。昔はやはり雪が降る日がもっと多かったです。ちょうどふきのこ会前後の日は雪の予報が多く、1度は開演を1時間以上遅らせて、まず職員全員で雪かきをした記憶があります。50・60cm積もった時は、外遊びを普通にしたら、それはそれは大変な事になってしまいました。全身びしょびしょでもう着替えが無いほどでした。もちろん子どもたちです。そう言えばこの時とばかり、職員同士も雪合戦に興じ、男子の先生に思い切り雪をぶつけられた事がありましたね、いつだったか?何か変な事言ったかな???この状態は時々夏の水遊びでも見られます。特に水着を着ていない先生を狙ってね!子どもより、先生方が楽しんじゃって・・・。今回の雪はそれほど量も多くなく、非常に湿った雪でしたから、雪だるまはきれいに出来ませんでした。残念。また次回を待っていましょう。本当は降って欲しくありませんが・・・。

Filed under: 未分類 — 管理者 02:07

31:≪如月②≫

 さて年度末の大きな行事の『ふきのこ会』。今年も劇に、遊戯に、オペレッタと担任が趣向を凝らして取組みました。この行事は先生方の個性が出る行事です。主役の子どもたちを如何に演出し発表させるか、腕の見せ所ですね。この行事だけは毎年担任に戻って『やりたいな~~~と思います。』ああもしよう、こうもしようとそれはそれは頭をめぐります。子どもたちはその先生の熱意を感じ、役にだんだんと成りきって行きますよ。当日をお楽しみに。もうすぐにでも『劇団なんとか!』へ入団できそうな子もいます。いつかきっとながつた幼稚園出身者がテレビや映画に出てくるかもしれませんね。名子役として、第2の『はにかみ店長』・・・、なんてね!そのくらいストーリーに入り込んでいる子どもを見ていると、『大きな経験をしているなー』と思います。この一つ一つの出来事が、人格を作って行きますから『大事なことだなー』と思うのです。一人一人輝いている子どもたちをしっかりと見て下さい。

Filed under: 未分類 — 管理者 01:08

30:\(^o^)/身近な生き物コーナー=見つめよう自然!見守ろう育ち!

 雪が降っても動物たちは生きています。どこで何をしているのかなーーー?写真はお池の周りをキジバトという山のハトが歩いた跡。何か雪の下から食べ物を探したのでしょう。野生に生きるとは厳しい事ですね。そういえばお山の梅が1月26日に開花しました。春も少しずつ近づいています。この丸い足跡はネコです。ハトをねらっています。

Filed under: お山の様子(生き物と植物) — 管理者 00:08
Page 178 of 181« First...102030176177178179180...Last »